トップページ > 不妊症について > 不妊治療と仕事の両立

不妊治療と仕事の両立

こんにちは。

月島の妊活、妊婦、産後専門の整体

みなみ整体院です。

 

先日、厚生労働省が

不妊治療と仕事の両立について

両立を支援するためのマニュアル作成に

着手したとのニュースがありましたね。

 

不妊治療は、通院の回数が多く、

しかも急に病院にいかなくてはならないケースなど、

企業側の理解も必要不可欠です。

 

具体的には、女性のホルモン周期によって

急遽、治療が必要になったりします。

 

ただ、現状、まだまだ理解が進んでいるとは

言えないのが現実で、

中には、仕事を諦めたり、妊活を諦めたり、

仕事の雇用形態を変えたりする方も

多いのです。

 

女性にとっては、キャリアをとるか

家庭をとるかの二択を迫られることに

なりかねません。

 

実際に、妊活をはじめるにあたり、

総合職をやめ、雇用形態を変えた方々にも

多くお会いしてきました。

 

不妊治療は、期間がしっかり区切られたものではないので、

ご夫婦の状況により、妊活期間は様々です。

 

また、総合職やフルタイムのお仕事を

辞めたからと言って、

必ず子宝に恵まれる保証があるわけではないのです。

 

しかも、20代、30代の女性にとって

キャリアアップにとても重要な時期でもあります。

 

そのような状況で、

「妊活かキャリア」の二者択一を迫られるのは、

とても勇気と決断力が必要なことも多いのです。

 

今回のニュースのように

国をはじめ、企業の理解が進んでいくと、

このような二者択一の極端な選択ではなく、

第3の選択肢が増えることを願っています。

 

これからの社会は女性の活躍が必要不可欠❗

少子化の対策も必要不可欠❗

 

と、一見矛盾することが言われていますが、

妊活と仕事の両立をしやすい環境作りこそ、

女性がより安心して仕事に家庭に向き合える

土台ができるのではないでしょうか。

お問い合わせはこちら
地図