トップページ > スタッフブログ > 台風とむくみの関係

台風とむくみの関係

こんにちは。

月島の妊活、妊婦、産後専門の整体

みなみ整体院です。

台風が近づいてきてますね。。

本日は、台風とむくみの関係について

お伝えしたいと思います。

 

台風の時、お体にむくみを感じたり、

だるかったりしませんか?

人間の体はデリケートです。

気がつかなくても日々の疲労の蓄積や、

季節の変わり目、気候の変動にも

心身は影響を受けています。

 

近代分かってきてるのが、

台風のやってくる時期に起こる不調です。

原因は気温や気圧の急激な高低差。

特に低気圧になる時に起こる体調の変化です。

 

その時に起こる不調に、

近頃では「気圧病」という名前が

付けられているほどです。

 

人間の体は、約60~65%ほどは

水分で出来ています。

その水分量は、外部的要素に影響されやすく、

体内に必要な水分量を保てていればいいのですが、

余分な水分までもが排出されず、

残りすぎてしまうとむくみにつながります。

 

台風前の外気に湿気が多く含まれている時は、

特にむくみやすくなります。

 

台風の時の低気圧の時も水分を溜め込みます。

また汗をかく事によって体温調節や、

体内の水分量のバランスを取る必要がある時も、

外気の湿気の多さでうまくコントロールが出来ず、

むくみの原因となります。

なので、むくみを感じたり、

だるかったりするのは自然の事なのです。

水分を溜め込まないためにも、

お風呂に長く入ったり、マッサージしたり、

ヨガをやったり。。大事な時ですよ。

 

 

体が重い、だるいときは当院にお越しください。

 

お問い合わせはこちら
地図