トップページ > スタッフブログ > 妊娠には適齢期がある!?〜part2〜

妊娠には適齢期がある!?〜part2〜

みなさんこんにちは。

みなみ整体院の筋肉担当・大久保です。

 

前回、妊娠には適齢期がある。

というお話をしましたが、それをまた別の角度からお話していきます。

 

今回は「流産について」お話していきます。

流産とは…

妊娠22週未満に何らかの原因で赤ちゃんが育たなくなることを言います。

流産は、妊娠12週までに起こる「初期流産」と

妊娠12週〜22週までに起こる「後期流産」に分けられます。

 

初期流産

初期流産のほとんどは染色体異常によるものです。

母体側に原因はなく、全妊娠の約15%の確率で起きます。

つまり、約6〜7人に1人は初期流産になってしまうのです。

 

後期流産

後期流産は母体側の原因が増えてきます。

子宮の出口の緩みや、子宮の形の異常。

外部刺激(お腹をどこかにぶつけてしまうなど)

 

 

初期流産にせよ後期流産にせよ、正直「どうしようもない」ことがほとんどです。

しかし、それで諦めきれないのも事実です。

だからこそ!

まずは母体側の健康を常日頃意識していることがとても大切なのです。

偏った食生活、受けすぎているストレス、環境問題、、、

これらはすべて内臓の機能を弱め、頭蓋骨の歪みを作ります。

今後せっかく授かった命を無駄にしないためにも

まずはそこから見直すことが不妊治療の第一歩になるのです。

初期流産

初期流

お問い合わせはこちら
地図