トップページ > スタッフブログ > 妊娠には適齢期がある!?

妊娠には適齢期がある!?

みなさんこんにちは。

みなみ整体院の筋肉担当・大久保です。

 

「年齢を重ねるにつれ、妊娠しにくい」

「年齢を重ねるにつれ、出産が大変になる」

これは誰もが知っていると思いますが、

女性が妊娠をするのに【適齢期】があるのをご存知でしたか?

実は女性の妊娠適齢期は25〜35歳と言われています。

しかし、今や日本では「20代に自然に授かるだろう!」と思って授かれず、あっという間に30歳を迎えてしまった女性が不妊に悩み、不妊治療を受けている、というケースが年々増えています。

(不妊の原因は女性にだけあるわけではないのですが、それはまた別のブログで詳しく話しましょう、、)

ではなぜ35歳が境目なのか!?

35歳を過ぎると卵巣の機能がどんどん老化していきます。

卵巣の機能が下がると卵巣から出る妊娠に必要なホルモンの分泌機能が落ちるので、妊活をしても妊娠率がガクンと下がってしまうのです。

 

しかし、ただ年齢が若ければいい!というわけでもありません。

20代の若さでもやはり、体内環境や食生活が荒れていたり、ストレスを受け過ぎてしまっていると、自然と妊娠ができない状態になってしまうのです。

身体のちょっとした不調(肩こりや頭痛)や、「仕事だから仕方がない」というストレスも、もしかしたら将来の自分の不妊の原因の一端を担ってしまうかもしれません。

 

なので、みなみ整体院では早めのケアをお薦めしています!

 

お問い合わせはこちら
地図