トップページ > スタッフブログ > 妊活の方へ ストレスとは。。

妊活の方へ ストレスとは。。

こんにちは!

本日も、発信させていただきます。

ストレスについてお伝えしていきます。

 

 

前回の記事でもストレスを溜めないこととお伝えしましたが、ストレスとは一概に精神的なものだけではないのはご存知ですよね!!

現代に関わるストレスとは。。。

 

大きな問題は、

精神的なものは勿論のこと

外の環境の問題

➡️空気の汚染

➡️気温差

➡️気圧の変化

こういった天気の問題や

人って、洋服を着るだけでも少しのストレスはかかってるんです!

では、そんな中、ストレスとは無縁になるのはできない時代にはなってきているので

まずは、、、ストレスを感じている状態を軽減することが大事!

今は、身体の反応では10受けているストレスを

身体をいい状態にもっていき8更には3までに落とすのがいいですね!

 

そして、ストレスが溜まる要素の所には極力避ける。

ココは難しい課題かもしれないので、できる範囲でいいです。

 

さて。。。では、ストレスを感じても、身体があまり受けない状態にするにはどうしたらいいかというと

1番手っ取り早いのは、調整を受けることですが

自分でなんとかするには、

ストレスを受け続けると、ストレスにも敏感に反応するのでやはりストレスの溜まる要素の所には極力いかないというのがひとつめです

 

二つ目

まずは、身体を正常に機能させないとうまく対処できません

簡単なとこからお伝えすると

食事では、無駄なものを取らない。

これは勿論わかっていると思いますが、人って必要な時に必要なものを欲するのです。

要するに、必要な時でないのに何となく食べてしまうから身体がおかしくなってくるのです。

お菓子が欲しいなら、糖質の問題です。

糖質をなぜ欲しくなるかと言うと、

糖質を取ることでホルモンが排出されますが、その中で麻薬と同じ物質も体内で合成されるのです。

その物質は言わば、快感ホルモンみたいなものです。

それが合成される事によって、身体がストレスを少なからず受けても大丈夫な状態にもっていきます。

 

だから、お菓子が食べたいなあと思ったら

ストレス溜まってるのだなあと自分を知ってください。

そして、よくストレス溜まってるのに頑張ってるななど自分を褒めてください。この時、声に出して褒めれるとなお良いです恥ずかしい方は、心で伝えてください。

 

話を戻しますと、

その時に、本当にこれを食べないとダメなのか?と考えて食べるようにしてみると意外に必要ではなかったりします。

私自身は、病院や色々な所で絶対ダメ!と言われることがありましたが身体が本当に欲していればたべていいと思ってます。我慢する方が、身体には毒ですから。

 

気をつけれること

後は、睡眠ですね。

よくシンデレラタイム?なんて聞きますが

正直、今の時代には難しいとかではあるなと感じてます。

不規則な方にとっては、無理な話ですし

私の患者さんでも、妊婦の方で看護婦さんがいますが夜勤もこなしますが、身体がよくなればつわりの問題は出なくなりました。

だからこそ、睡眠と言ってもリズムを作るのは重要ですが

そもそもな睡眠の質を変えない限りリズムを作っても同じことの繰り返しだと思ってます。

そのためには?

 

身体の毒素を抜ける身体にする。

毒素が抜けるようにするには。。

不必要なものを減らす。

 

ここで、先ほどの食事の問題やストレスが溜まる要素の所には極力いかないというものがでてきます。

さらに言うと、呼吸を整えてから寝ましょう。

 

私の経験談にはなるのですが

喧嘩した後や、怒ってる状態で寝ると寝起きは最悪です。。笑

しっかりと仲直りしたり、気持ちを落ち着けてから寝るとそこまで悪くなることはないです。

ストレッチしてから寝るといいとは言いますが、ストレッチも気持ちよくなければ苦しいだけです。

私はできる時にしかしません。

ストレス溜まるからです!

 

ここで、気づけた方もいたかもしれません。

私が患者さんをみていたり私自身の経験談を交えながらおもいますが

妊活というものは、無理しすぎず楽しくするものではないでしょうか?

ストレスある所に、子供も行きたい!とはならないですよね。

まずは、怒りやすければそれをすぐにでなくても少しづつ、少しづつ変えていけばいいし

ストレス溜まる環境だから仕方ない!で終わらせるのではなくて

なぜストレス溜まるのであろう?など考え方を変えればいいし。

例えば、上司にガミガミ言われているのであれば

あの上司もストレス溜まってるなあ。ああやって、人に当たらないと自分を保てないって子供だなあ。子供なんだからワガママ聞いてあげよう!

とか考え方で少しはマシになるのではないでしょうか?

 

何を伝えたいかというと

色々ありすぎてまとまりはないかもしれませんが

妊活もストレスの問題も考え方次第で、変わります。

妊活中に、楽しめなければ子どもが生まれても楽しめないとおもいます。

 

まずは、ストレス溜まっても

色々と自分でできる対策を試してみて

それがマッチすれば続けていいとおもいますし

常にマイナスな感情があるのであれば、合わないのでやめればいいとおもいます。

 

妊活中の皆さん

一緒に楽しい人生にしましょう!!

 

長くなりましたが、最後までありがとうございます。

ではまた〜

お問い合わせはこちら
地図