トップページ > 妊娠中について > 産後の骨盤ベルトは本当に必要なのか?

産後の骨盤ベルトは本当に必要なのか?

こんにちは。

月島の妊活、妊婦、産後専門の整体

みなみ整体院です。

 

産後は骨盤ケアの一環で

骨盤ベルトを付ける方も多いですね。

 

いらっしゃるお客様からもよく、

「骨盤ベルトは必要ですか?」

とご質問頂きます。

今日はそれについてお話しますね。

 

結論から言いますと、

当院での考えでは、

「骨盤ベルトは不要」です!

 

なぜならば、妊娠中もそうですが、

産後のお母さんのお体は、

お腹の赤ちゃんがいたことによって、

まるで肝臓、腎臓、胃などの内臓の位置などが

通常時と比べて全く異なる状態になっているのです。

 

子宮がどんどん大きくなることによって、

お母さんの内臓はどんどん押しつぶされてしますのです。

 

産後は、子宮も収縮してくるのですが、

内臓はいままで赤ちゃんが10カ月ほどいたことによって

内臓の位置の異常はもちろん、

血流も落ち、機能の低下が起こるのです。

 

さらに、産後は骨盤が開いた状態になるので、

内臓も位置が下に下がってきやすいです。

上の方になる内臓が下がってくると、

ドミノ倒しのように、どんどん下に臓器が下がり

負の連鎖が起きやすいです。

 

そして、開いてしまった骨盤に

下がってきた内臓がなだれ込む…

 

この状態で骨盤を閉めようと、

骨盤ベルトを付けてしまうのは

いかに望ましくない状態か、

なんとなく想像はつきますでしょうか?

 

本来、内臓のそれぞれが正しい位置に戻ると

自然に骨盤は締まってくるもの

なのです。

 

それを無理やりに骨盤矯正で締めようとすると、

からだの本来のリズムではありません。

 

さらには、骨盤と頭蓋骨

密接に関連しているのです。

 

骨盤ベルトで物理的に骨盤に無理やり

締め付けることによって、

頭蓋骨と連動しているため、

頭蓋骨も締め付けられる状態になります。

 

妊娠中はもちろん、産後にも

めまぐるしく神経やホルモンバランスは

変化しているものです。

 

その司令塔は視床下部や脳下垂体で

頭蓋骨の中にあるのですから、

頭蓋骨を締め付けてしまうと

百害あって一利なしです。

 

産後は特に骨盤ケアを焦る気持ちも分かりますが、

まずは根本の問題である

内臓ケアをしっかり行うと

自然と骨盤が元通りに整ってくるのです。

 

当院ではまず、内臓をしっかりケアし

内臓の状態が整った上で、骨盤をケアをしていきます。

 

くれぐれも内臓が下がった状態で

骨盤ベルトにはご用心を…

お問い合わせはこちら
地図