トップページ > セルフケアについて > 貧血の対策 ≪食事編≫

貧血の対策 ≪食事編≫

こんにちは。

月島の妊活、妊婦、産後専門の整体

みなみ整体院です。

 

前回は、貧血にご注意!!

の記事にて、貧血の起こりやすい方と

実際どのような怖いことがあるのか

お伝えしました。

 

今回は、そんな貧血の対策方法について

お話していきます。

 

生理のある女性にもともと多い

貧血ではありますが、

中でも、妊婦さん24~32週が

特に貧血になりやすい時期でしたね。

 

貧血対策のための食事とは

 

そもそも、二種類の鉄分があるのはご存じですか。

ヘム鉄非ヘム鉄です。

 

主に動物性がヘム鉄で、

赤身のお肉、レバー、かつお等が代表です。

 

一方の非ヘム鉄は植物性に多く

小松菜、納豆や豆腐など大豆食品、

ひじき、切り干し大根等に含まれます。

 

そして、植物性の非ヘム鉄よりも、

動物性のヘム鉄の方が、吸収率が何倍も高いです。

 

だからと言って、動物性のお肉ばかり

食べるわけにもいきません。

 

そこで、ぜひ実践したいのが、

食材の組み合わせです。

 

食材の組み合わせ方で、非ヘム鉄も

動物性のヘム鉄と同じくらい吸収率がUPする

方法があるのです。

 

①たんぱく質と一緒に取る。

たとえば、小松菜(非ヘム鉄)と卵、チーズのオムレツ。

豆腐と卵とゴーヤでチャンプルー。等々。

 

②ビタミンCと一緒に取る。

ビタミンCの多い柑橘類、たとえばレモンを

料理にひと絞りするだけでも、鉄分の吸収率がUPします。

 

逆に鉄分の吸収を阻害する組み合わせもあります。

緑茶、コーヒー、紅茶に含まれるタンニン。

妊婦さんはそもそもカフェインは避けているはずなので、

あまり心配ないとは思いますが、食事に欠かせない飲み物、

ご注意くださいね。

 

また、食物繊維の摂りすぎ

鉄分の吸収を悪くするので、これも注意です。

 

また、調理に使用する砂糖は、

精製された白砂糖ではなく、

ミネラル分たっぷりの黒糖を使ってくださいね。

 

また、特に妊娠初期は

ビタミンAの摂りすぎに注意が必要ですので、

レバーなどはほどほどに。

水銀やヒ素の面でも大型魚(まぐろなど)は

控えたほうが無難でしょう。

 

何はともあれ、食事は単一食物に偏っては

バランスを欠いて、かえって悪影響を及ぼします。

 

栄養素はバランスの良い食事で摂るのが最適です。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら
地図