トップページ > YouTube配信 > 【動画】【最強ゆる体操①】指を緩めて肩こり予防

【動画】【最強ゆる体操①】指を緩めて肩こり予防

=============================
月島駅6番出口徒歩1分
肩こり・腰痛・頭痛・妊活等
多数の改善実績有り!
みなみ整体院です。
=============================

☆書き起こしは以下です☆

こんにちは!
みなみ整体院の高岡です。

デスクワークしている方、
PC使いますよね。
スマホも手を使いますね。
物を持つときも、書き物するときも
指を使いますよね。

そうなんです!
指に力が入ると、
腕全体に負担がかかります。

今日はそんなお話になります。
Ready Go!!

今日は「指」を緩めていきますが
なかなか指は緩まないんです。

今日はうちのスタッフで
馬先生がいますので、
呼んでみます!

馬)どうもみなみ整体院の馬です。
今日は私が高岡先生の指を
緩めたいと思います。

これはセルフケアになるので
やってみてください。
ではいきましょう。

指を緩めたいのですが、
手には沢山の骨があるんです。

この骨1本1本がバラバラ
になると指が重く感じます。

当然、骨1本1本に重さが
ありますからね。

それを感じられるようになると
力が抜けて、最小限の力で
PCやスマホの操作ができるようになり
手、腕、肩への負担が
かかりにくくなった結果、
肩こりがなくなったり、
体がもっと良くなります。

やり方は簡単です。
まず手をさすります。

手の甲、手の平、指を
さすっていきます。

さすることで今から
手を緩めるという意識が行きます。

自分で行う時は
だら~んと脱力して
反対側の手で持ってくる感じ。

手を上げてしまうと
その時点で力が入ってしまうので
反対の手で持ってくる感じ。

そうです!素晴らしい。
持ち上げられる方の手は、
完全に脱力していてくださいね。

まず、人差し指の付け根をもって
上下に振っていきます。

「ゆるゆる~。ゆらゆら~」
と声に出すと効果的です。

次は人差し指の第二関節を
もって緩めます。

最後に指先を持って
上下に振って緩めます。

同じように、全部の指を
付け根から上下に振って
緩めていきます。

付け根、第二関節、第一関節
の順番です。

簡単でしょ。
受けていてどうですか?

高岡)ゆらゆらして
凄い気持ち良いです。

馬)そうですよね。
人間、力が抜けると
リラックスして気持ちが良いと
感じるのでこのような形で
緩めていきます。

そうすると、手の重み
感じますか?

高岡)そうですね。
こうしているだけでも
緩めていない方の手と比べて
緩めた方の手の重さを
凄い感じます。

馬)ですよね!
手を握った感じも
違うんじゃないですか?

高岡)あ、ホントだ!!
緩めた方の手だけ
なめらかになってます。

馬)これだけ脱力していると
手の指も使えるようになります。
最後に自分でもやってみてください。

高岡)はい。
だら~んとした状態から、
反対の手で持ってくる。

付け根、第二関節、第一関節
の順番でゆらゆらゆら~。

馬)素晴らしい!!

高岡)「ゆらゆら」と言った方が
良いんですよね?

馬)言った方が良いです!

高岡)ゆらゆら~…
この要領で他の指も全部
緩めていきます。

馬)皆さんもこんな形で
まずは指を緩めることから
はじめてみましょう。

次回の動画では
手の全体(手首、肘)
肩周りを緩めることで
肩こりや背中の痛み、
首の痛みなどそういうの、
全部なくなります。

いわゆる、肩こりなどを
その場でどうにかする
というよりも、
肩こりにならない体を作る。

緩んだ体であれば、
そういった悩みは減りますよね。

ということで、
今日は手の緩め方でした。

高岡)実際にやってみると
手の重みも変わってくるので
違いが分かるので、
ぜひ皆さんもやってみてください。

本日もご覧いただき
ありがとうございました。

お問い合わせはこちら
地図